くらし情報『夏バテの実態と不調の根本原因とは…漢方専門医が教える』

2019年8月13日 20:45

夏バテの実態と不調の根本原因とは…漢方専門医が教える

暑いときには発汗を促して体温を下げるわけですが、体内の水分が不足すると、それがうまくできなくなります。すると胃腸での消化の機能もダウンし、ほかの不調をまねきます」

暑邪は湿邪と結びつき、両方の不調をまねく

次に吉田医師は、「暑邪」の考え方について、次のように説明を続けます。

「『暑邪』は読んで字のごとく、暑さが邪気となってヒトの体に不調をもたらすことを言います。風邪は漢方ではかぜと表現せずに、『風』の『邪気』として『ふうじゃ』と読みますが、暑邪も風邪と同様に、心身に不調をもたらすものだとイメージしてください。

日本の夏の場合、気温だけではなく湿度が高いことが特徴です。梅雨のころから大気に湿度がぐんぐん上昇してきます。その不調を『湿邪』と呼び、以前にお話ししました。夏本番に襲いかかってくる『暑邪』は、梅雨の時期から発生する『湿邪』と結びつきやすい特徴があり、これを『暑湿(しょしつ)』とも呼びます。日本で暮らす人の夏バテは、暑さと湿気が合わさった『暑湿』の不調と考えてください」

夏バテは気力が不足してだるい状態

夏バテは、暑さと湿気がもたらす不調ということですが、続いて吉田医師は、夏バテ=暑邪・暑湿に見舞われると、
「東洋医学では、全身をめぐるエネルギーを『気』と呼びますが、これが不足、衰退します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.