くらし情報『夏のBBQで食中毒を防ぐ10のコツ【専門医が教える】』

2019年8月18日 12:00

夏のBBQで食中毒を防ぐ10のコツ【専門医が教える】

目次

・高温下での野外バーベキューでは食材に細菌が繁殖しやすい
・生肉は食中毒細菌が付着していると考えて厳格に取り扱う
夏のBBQで食中毒を防ぐ10のコツ【専門医が教える】

「食中毒は、一年のうち梅雨から夏、残暑にかけて、気温も湿度も高いときにもっとも多く発生します。原因となる細菌やウイルスが活発に増殖するからです」と話すのは、臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長。

そこで自炊での食中毒の対策について、3回シリーズで詳しく聞いています。今回は自分たちでバーベキューや焼き肉をする際の注意点について教えてもらいましょう。次の第1回、第2回の記事と合わせて参考にしてください。

【第1回】梅雨から夏に急増する食中毒…自炊で防ぐコツは?
・食中毒細菌は、湿度や温度が高いと急増する
・食中毒予防の三原則「細菌をつけない・増やさない・やっつける」

【第2回】自作弁当でまさかの食中毒…予防のための10のコツ
・自作弁当ではチェックが甘くなる
・不潔、水分、素手、残り物、混ぜ詰め、ムラ焼け、常温保存はNG

高温下での野外バーベキューでは食材に細菌が繁殖しやすい

正木医師はまず、バーベキューや焼き肉をする際の環境について、こう注意を呼びかけます。

「バーベキューでは食材を焼くので、食中毒予防に無頓着になりがちですが、山や海、キャンプ場、自宅でも庭など屋外でするでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.