くらし情報『夏のBBQで食中毒を防ぐ10のコツ【専門医が教える】』

2019年8月18日 12:00

夏のBBQで食中毒を防ぐ10のコツ【専門医が教える】

中心部がピンク色や、生焼けのままで食べることはけっしてしないでください。調理途中のつまみ食いも危険です。

(7)生肉を取り分けたトングや箸、皿で食べない

生肉にふれたトングや箸には、肉に付着していた細菌が移っています。調理後の肉をそのトングや箸で食べると、細菌を口に入れることになります。トングや箸は、生肉を扱う用と、調理後に食べる用を分けて持参し、使用しましょう。

同様に、焼く前の生肉を乗せていた皿には、調理後の肉を入れないでください。屋外で食べる際には、清潔な使い捨て用のお皿などを使用するとよいでしょう。

(8)焼いた料理を1時間以上放置しない

焼いた後の食材でも、夏の屋外で冷蔵しないで置いておくと、その間に細菌が増えます。1時間以上放置したものは食べないでください。気温が32度以上の場所では、料理を1時間以上放置すると危険だと考えてください。十分に加熱したら、できるだけ早く食べましょう。

(9)食材を切った調理器具はよく洗う

細菌が残って繁殖しないために、調理後はすぐに、洗い残しがないよう十分に、包丁やまな板、調理器具を洗剤で洗いましょう。可能ならば熱湯をかけるか、キッチン用の除菌剤で除菌しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.