くらし情報『人生の後半戦で活躍。こんなに夢のある話ってある?【ドクタールース】』

2019年8月19日 20:45

人生の後半戦で活躍。こんなに夢のある話ってある?【ドクタールース】

星野:ルースは、見え方の解像度が高いんでしょうね。いくつか質問をしたら、「ああ、この人は」と。たくさんの人の相談に乗っているから、データベースもたくさんあるし。

悩みに答えるのは勇気がいるし、何かを決めてしまってはならないというように僕は思う。だから、決めずに、引き出すというようなやり方を僕は心がけているのですが、ルースはいくつか聞いて「なるほど、じゃあこうしなさい」と言う。そのやり方で自信を持って言えるというのは、僕らが想像するよりも、その悩みに対して違う解像度の景色や立体感を持っていると思うんです。ルースは。それができていなかったら、多分叩かれていますよ。

劇中から

「ノーマル、嫌い」

——心に強く刺さったルースの言葉もあったと思います。

星野:僕は、ルースの息子と娘がルースについて語った場面が印象に残っています。現在もご活躍のルースだけれども、すごくツラい生い立ちを抱えている。そんなに邁進するのは、ある意味、その生い立ちを見ないようにしているのではないかと指摘するんですよ。防衛的な感じで働いているんじゃないかと。それは、近い人ならではの視点かもしれないなと思いました。「そう的防衛」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.