くらし情報『34歳で僕がジェットスターのキャビンクルーに転身した理由』

2019年8月20日 14:45

34歳で僕がジェットスターのキャビンクルーに転身した理由

また、ジェットスターではキャビンアテンダント(客室乗務員)のことを「キャビンクルー」と呼ぶのですが、男女が平等であるというメッセージがその呼び名にも込められているのかなと感じましたね。

学生時代、海外の男性クルーに憧れて

——キャビンクルーはジェットスター独自の呼び名なのですね。そもそも、なぜ客室乗務員になりたいと思ったのですか?

庭本:学生時代にアメリカの航空会社を利用したとき、複数の男性客室乗務員が乗っていたのを見て、素敵だなと思ったからです。はじめは「男性が客室乗務員?」と驚きました。けれど、みなさんがとてもスマートに、かつホスピタリティーのあるサービスを提供しているのを見て、素直に「かっこいいな」と感じました。私も彼らのようになりたいと思ったんです。

——学生時代からの憧れの職業だったんですね。

庭本:はい。でも、先ほども言いましたが、新卒での就活では性別を理由にと諦めてしまいました。当時は今よりもさらに「客室乗務員=女性の仕事」という印象が強くて、自分には無理だろうと。

そんななかで出会ったチャンスだったので、「できるかな」よりも「入りたい」と、思い切ってチャレンジすることにしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.