くらし情報『34歳で僕がジェットスターのキャビンクルーに転身した理由』

2019年8月20日 14:45

34歳で僕がジェットスターのキャビンクルーに転身した理由

ラグジュアリーブランドとホテルで培った接客スキルや相手のリクエストを察する力は今の仕事でも活きていて、自分の強みだと思っています。

性別はひとつの特徴に過ぎなかった

——「好きなこと」を大切にしてきたから、今があるんですね。これから女性の職場といわれる環境に飛び込もうとしている男性、もしくはその逆の状況にある女性に何か言葉をかけるなら?

庭本:挑戦をする時に、不安なことがあると諦めたくなりますよね。私も一度は性別を理由に採用試験を受けることさえ諦めました。けれど、勇気を出して飛び込んでしまえば、不安は思い込みに過ぎなかったと気づくかもしれません。

私の場合は、男性であり、34歳という年齢でも転職できました。そのことが今は自信になっている部分があるので、性別や年齢で諦めるのではなく、やりたいことがあるのなら諦めずにチャレンジしてほしいです。私はキャビンクルーとして7年目になりますが、今も仕事が楽しいです。

また、社会や世間の空気も少しずつ変わってきているように感じます。私はメディアなどで「まだ珍しい男性客室乗務員」として紹介していただくことがあるのですが……。

——本当は「紅一点」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.