くらし情報『小柄ほど派手な色が似合う? コンプレックスは一番の魅力』

2019年8月27日 20:45

小柄ほど派手な色が似合う? コンプレックスは一番の魅力

目次

・コンプレックスはその人の一番の魅力
・小柄な人ほど派手な色が似合う理由
・生活感を消すのは「頑張りすぎ」ではない
小柄ほど派手な色が似合う? コンプレックスは一番の魅力

「外見は人それぞれ」「自分らしさが大事」といっても、鏡を見るたびに「もっとアゴがシュッとしていれば……」「もっと下半身がスリムだったらいいのに」と自分の体形への不満をぼやいてしまうことはよくあること。

「小柄」というのも、当事者にすれば「子供っぽく見える」「手脚が短い」「服をかっこよく着こなせない」など、いろいろ悩みがあるようです。

スタイリストの壽良江(ことぶき・よしえ)さんは、143センチととても小柄。その特徴を魅力と捉え、ファッションを楽しむ方法をアドバイスしています。

壽さんに、低身長・小柄でもすてきに服を着こなすポイントを聞きました。

【第1回】実はワイドパンツが一番似合う? 小柄女子のスタイルアップ術

スタイリストの壽良江さん

コンプレックスはその人の一番の魅力

——私も小柄なのでよく分かるんですが、「太い」という悩みは痩せれば解決するけれど、低身長や小柄な人は「今から脚は伸ばせないし、骨はどうにもならない」という絶望感に苛(さいな)まれていると思うんですよ。

壽良江さん(以下、壽):いつも言っているのは、「小柄さんのほうが得なんですよ」ということです。

——得なんですか?!

壽:後で詳しく述べますが、キャンバスが小さいから、着飾らなくてもオシャレに見えて得だし、まず「小柄は魅力」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.