くらし情報『小柄さんは一人で頑張りすぎ? 周りを頼ってファッションを楽しんでほしい』

2019年9月3日 20:45

小柄さんは一人で頑張りすぎ? 周りを頼ってファッションを楽しんでほしい

目次

・小さいサイズも「探せばあるんだ」と気付いた瞬間
・ファッションも人に頼っていい
小柄さんは一人で頑張りすぎ? 周りを頼ってファッションを楽しんでほしい

「外見は人それぞれ」「自分らしさが大事」といっても、鏡を見るたびに「もっとアゴがシュッとしていれば……」「もっと下半身がスリムだったらいいのに」と自分の体形への不満をぼやいてしまうことはよくあること。

「小柄」というのも、当事者にすれば「子供っぽく見える」「手脚が短い」「服をかっこよく着こなせない」など、いろいろ悩みがあるようです。

スタイリストの壽良江(ことぶき・よしえ)さんは、143センチととても小柄。その特徴を魅力と捉え、ファッションを楽しむ方法をアドバイスしています。

壽さんに、低身長・小柄でもすてきに服を着こなすポイントを聞きました。

小さいサイズも「探せばあるんだ」と気付いた瞬間

——前回のお話で「コンプレックスは、逆に言うとその人の一番の魅力」という部分が印象に残りました。コンプレックスを何とか隠したり、なかったりすることばかり考えていて、コンプレックスに向き合うというか、コンプレックスを生かす方向で考えられていなかったと思います。

壽良江さん(以下、壽):実は、私には小耳症と頸椎の一部が癒合して首が短く曲がっているという先天性の疾患があるんです。それもあって「小柄」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.