くらし情報『夏バテかも? 舌の状態でわかるセルフチェックとケア法【漢方専門医が教える】』

2019年8月23日 14:50

夏バテかも? 舌の状態でわかるセルフチェックとケア法【漢方専門医が教える】

目次

・舌の苔が黄色いと夏バテで胃腸が弱っている
・体力と複数の症状を見つめて漢方薬を選ぶ
夏バテかも? 舌の状態でわかるセルフチェックとケア法【漢方専門医が教える】

前回の記事、「夏バテの実態と不調の根本原因とは…【前編】」では、夏の不調は漢方では「暑邪(しょじゃ)」と呼ぶこと、またその症状や原因、食事によるケア法について、漢方専門医・臨床内科専門医・消化器内視鏡専門医の吉田裕彦医師に教えてもらいました。

夏バテの根本の原因は、元気の「気」が奪われて頭痛やけんたい感、食欲不振に、体内の水分のめぐりが悪化して胃腸の働きが弱まり、胃痛や下痢、むくみなど多くの不調をまねくということでした。今回は、夏バテかどうかを自分でセルフチェックする方法と、対応する漢方薬について、ひき続き、吉田医師に詳しく聞いてみました。

舌の苔が黄色いと夏バテで胃腸が弱っている

はじめに吉田医師は、夏バテの不調を診断するにあたり、「東洋医学では、舌の状態を見るという診断法があります。『舌診(ぜっしん)』と呼び、古くから診察で活用されています。ほかにも脈やおなかの具合を見ますが、舌の場合は自分でいつでも確認できるので紹介しておきましょう」と話し、セルフチェック法を次のように挙げます。

「日本の夏のように気温も湿度も高い場合、気力も体内の水分も不足し、そのめぐりが悪くなってダメージを受けやすい内臓は胃腸です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.