くらし情報『恋愛とエロを深掘りするメディアの編集長の私が、90歳のセックスセラピストに感じたこと』

2019年8月23日 21:01

恋愛とエロを深掘りするメディアの編集長の私が、90歳のセックスセラピストに感じたこと

を運営していて、エロや恋愛をオープンにしているから、「じゃあこれが大好きなんだろう」「こういうことが許せないんでしょう」と何となく雰囲気的に決めつけられるとき、そういうところもあるけど、ちょっと違うんだよな~と複雑な思いになることがちょくちょくあります。

たとえば不倫の話をすれば、不倫全肯定派ということになるとか、ビッチといえばセックス以外興味のない人のように扱われるとか、何かを発信すると、すぐその枠にはいっちゃうのか?という。

何かの型に入ったほうがわかりやすさもあるし、なんだかんだ出世もしそうだし、でもそういう訳じゃないんだよな(そういう日もあるけど)ってことって、どんな人にもあるあるなんじゃないかなと。

劇中より

単純なセックスの話なんてない

恋愛メディアの中で、“エロい”テーマも扱ってるので、前はよくそこだけ取り上げられたり、なぜそんなオープンに?と変な感じで聞かれることもありました。

メディアのテーマとして、「女性の選択肢を広げて背中を押すこと」だからと答えたりもしますが、単純に性と恋愛の関係は深いことと、そもそもセックスの後日談って笑えるし面白いから、みんなで楽しみたかったんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.