くらし情報『“わがまま”で何が悪い?「ノー」を言うことで世界は変わる【柚木麻子】』

2019年8月28日 21:00

“わがまま”で何が悪い?「ノー」を言うことで世界は変わる【柚木麻子】

——若い頃は「いつか自分は何者かになる」とか「いつかこういう生活がしたい」という理想を抱いて生きているけど、結局いくつになっても理想は理想のまま、人生を歩き続けるんだなと思いました。

柚木:そうなんですよ。子供を産んだからといって、すごくいいお母さんになることもなく、凡人のまま新しいスキルを身に付けていかなくてはいけない。たぶんお年寄りになっても、今とあまり変わらないと思う。今とあまり変わらないまま、体は衰えるということを先に知っておくこともまた、いいことだと思います。

「ノー」を言うことで世の中が変わる

——不平不満の多い正子ですが、「こんなに不満があるんだから、文句を言って何が悪いの」という考え方に共感しました。自分の幸せを真剣に考えて何が悪いのだ、と。

柚木:それが恨みや悲しみではなく、爆発的に新しいエンターテインメントを生むのではないかと思うんですよね。きっと上野千鶴子さんの東大祝辞をたたいたようなエリートの人たちって、不満は世の中を悪くすると考えていると思うのですが、黒人の公民権運動のきっかけだって、バスに座っていた黒人が「立て」と言われて「ノー」と返したことから始まったわけですから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.