くらし情報『残暑バテでぐったり…疲労医学の医師が教える「してはいけない」習慣』

2019年8月27日 21:45

残暑バテでぐったり…疲労医学の医師が教える「してはいけない」習慣

目次

・スタミナドリンクで隠れ疲労に、ウナギで胃腸の不調も
・早朝の運動、サウナ・熱風呂は疲労を蓄積する
残暑バテでぐったり…疲労医学の医師が教える「してはいけない」習慣

残暑とは名ばかり、厳しい暑さが続き、どう対処していいのか考えあぐねています。夏バテや熱中症対策に良いと言われることをあれこれと試していますが、気晴らしにもなりません。

そこで、東京疲労・睡眠クリニックの院長でベストセラー『すべての疲労は脳が原因』(集英社)シリーズの著者でもある梶本修身医師に尋ねると、「世間でよく言われている方法は、医学的に根拠がないこと、また、CMや感覚的な伝聞に影響されているだけの場合があります。適切なケアを日常生活で継続して試みてください」ということです。そこで残暑バテの対処法について、何がどう良くないのかを、日常生活編と睡眠編の2回に渡り、具体的に尋ねてみました。

梶本修身医師。

スタミナドリンクで隠れ疲労に、ウナギで胃腸の不調も

今回は、夏バテ対策と思って実践している次の食事、入浴、運動法について、梶本医師にそれぞれ、適切か否かと、医学的に根拠が認められているケア法について教えてもらいましょう。

(1)夏バテがつらいときはスタミナドリンクや栄養ドリンク、仕事でがんばらないとならないときにはよく、エナジードリンクを飲んでいます。

梶本医師: スタミナドリンク、栄養ドリンク、エナジードリンクで疲労が回復するという医学的な根拠はありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.