くらし情報『残暑でもぐっすり眠るために…疲労と睡眠の医師が教える「してはいけないこと」5つ』

2019年8月30日 22:01

残暑でもぐっすり眠るために…疲労と睡眠の医師が教える「してはいけないこと」5つ

起床時から日中は仕事などで緊張して交感神経が優位な状態で、夜間はリラックスして副交感神経が優位な状態へと徐々に切り替わっていきます。より良い睡眠をとるには、遅くとも就寝の1時間半前ぐらいから副交感神経が優位になるように行動しましょう」

熟睡のためにはパートナーとはいっしょに寝るのはNG

ここで梶本医師に、次の5つの日ごろからしている就寝時の行動について、OKかNGかの判定とそれぞれにアドバイスをしてもらいましょう。

(1)パートナーといっしょに、同じ時間に寝て起きています。

梶本医師:NGです。熟睡のためには、パートナーとは寝床を別にしましょう。快適に感じる気温や湿度は、人によってかなり違います。とくに男性と女性では感覚の差が大きく、我々の調査では同じ部屋で寝ているカップルの約4割が室内温度が原因でケンカした経験があることがわかっています。

別の部屋で寝る環境が難しい場合は、突っ張り棒などを利用して薄手のカーテンで間仕切りをする、パテーションを置くなどし、冷房から近い方に男性が、遠い方に女性が寝るように工夫をしましょう。

睡眠中の発汗は運動しているのと同じで疲労が溜まる

(2)暑い夜、寝るときは冷房のタイマーを1時間かけています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.