くらし情報『残暑バテで体がだるい… デスクでさっとツボ&ストレッチ6つ【鍼灸師が教える】』

2019年9月9日 20:00

残暑バテで体がだるい… デスクでさっとツボ&ストレッチ6つ【鍼灸師が教える】

(3)ツボ・中脘(ちゅうかん)を刺激する

「中かん」の「中」は中心・中央、「かん」は胃袋を意味し、胃袋の中心にあるツボを表します。とくに胃の機能を整えるツボとして知られており、胃重感、消化不良、胃痛、吐き気、便秘、下痢、だるさ、めまい、立ちくらみ、不眠、疲れやすさなどの緩和に作用します。

<ツボ「中脘」の位置>

おへそとみぞおちを、縦に線で結ぶようイメージをし、その線の中心にあります。また、おへそから、手の小指からひとさし指までをそろえた幅の分を上がったところ。

おなかをゆるめた状態で、胃のあたりに両手を置き、なか指を重ね合ってひと押し10秒ほどを軽く3~5回、繰り返します。
また、手のひらでさする、手をあてる、季節によってはカイロをあてるなどして温めるのもいいでしょう。

<刺激法>
腹筋を緩めた状態で、両方の手のなか指を重ねて、場合によっては一方の手のなか指だけで、軽くひと押し5~10秒を3~5回、くり返しましょう。中脘を中心に指先をくるくると動かしながら刺激するのもよいでしょう。

足首・けんこう骨・手首をまわして血流を促す

(4)足首まわし

だるいときは、全身の血流が悪くなっていることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.