くらし情報『「いったん“現場”から離れてみる」仕事と介護で追い詰められてた私がやったこと』

2019年9月18日 20:01

「いったん“現場”から離れてみる」仕事と介護で追い詰められてた私がやったこと

目次

・「仕事」「学生」「介護」という三足のわらじ
・現場からいったん離れることで冷静になれた
「いったん“現場”から離れてみる」仕事と介護で追い詰められてた私がやったこと

妊娠・出産・子育てをすっ飛ばして、なりゆきで義両親の介護をサポートすることになった体験をつづった島影真奈美さんによるエッセイ『子育てとばして介護かよ』(KADOKAWA)が9月13日に発売されました。

「介護」という言葉を聞いても「そういえば親が祖父母の介護をしている」「親は元気だ取りあえず今は大丈夫」と思っている20代や30代の読者も多いのではないでしょうか?

ある日、義母からかかってきた電話をきっかけに、認知症になった義両親の「介護のキーパーソン*」を引き受けることになった島影さん。最終回は、仕事と介護の両立でいっぱいいっぱいになってしまったときの対処法について伺いました。

*介護のキーパーソン:介護をしていく上で中心となる人で、医師や介護支援専門員(ケアマネジャー)などと協力する際の窓口となり、介護方針を決めていく上で重要な役割を担う人。

「仕事」「学生」「介護」という三足のわらじ

——島影さんはライター・編集者として働く傍ら、大学院にも通っているそうですね。

島影真奈美さん(以下、島影):はい。秋入学なのでちょうど博士課程の2年生に上がったところです。

——ライター・編集者だけでも忙しいと思うのですが、大学院にも通って、しかも介護をしているわけですよね?日々をどうやって回しているのですか?相当大変ですよね?

島影:時間のやりくりが多少大変な面もありますが、まったく別のことをやっているわけではないので助かっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.