くらし情報『「学校には妊娠しに行くんだろう」と父や兄は言う【安田菜津紀】』

2019年9月17日 20:45

「学校には妊娠しに行くんだろう」と父や兄は言う【安田菜津紀】

目次

・思いを語る女の子たち
・グアテマラに残る男性優位の考え方
・自宅で出産した姉を支えるために留年
・言葉や精神的な“暴力”があると知らなかった
・ナンパをしない男は“男らしく”ない?
・学びという「種」を手にした女の子たちの未来は…
「学校には妊娠しに行くんだろう」と父や兄は言う【安田菜津紀】

性別や年齢など、何かと理由をつけて差別を受けてしまう途上国の女の子たち。そんな彼女たちを支援する国際NGO『プラン・インターナショナル』は、10月11日の「国際ガールズ・デー」の活動の一環として、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんとグアテマラを訪問。

国民の60%が貧困層、ギャング集団の横行による治安の悪化に加え、「マチスモ」という男性優位主義の中で生きる女の子たち。その様子を安田さんに前後編に分けてリポートしていただきました。

プラン・インターナショナルの活動に参加してきた女性たち

思いを語る女の子たち

「女の子であることは、意味のないことだと思っていました」。一人の少女がそう語ると、周りの少女たちも口々に、「自分には価値なんてないと思っていた」、「何かを自由に表現していいという発想自体がなかった」、「誰も自分の意見など耳を傾けないと思っていた」と、これまでの思いを分かち合ってくれました。

中米グアテマラ、その首都グアテマラシティから車で3時間ほど離れたバハ・ベラパス県プルハ市。青々とした木々に囲まれた山道の先に、人々の暮らす集落がありました。

農業が生業のこの地では、急な斜面にトウモロコシやコーヒーの畑が広がり、山間にぽつりぽつりと、小さな家の姿が見えてきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.