くらし情報『生理がきっかけで学校を辞めてしまう女の子たちもいる【安田菜津紀】』

2019年9月18日 21:01

生理がきっかけで学校を辞めてしまう女の子たちもいる【安田菜津紀】

目次

・生理のこと、誰に相談しましたか?
・カラフルなデザインの生理キットを配布する理由
・次第に荒れていった父
・これはグアテマラだけの問題ではない
生理がきっかけで学校を辞めてしまう女の子たちもいる【安田菜津紀】

性別や年齢など、何かと理由をつけて差別を受けてしまう途上国の女の子たち。そんな彼女たちを支援する国際NGO『プラン・インターナショナル』は、10月11日の「国際ガールズ・デー」の活動の一環として、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんとグアテマラを訪問。

国民の60%が貧困層、ギャング集団の横行による治安の悪化に加え、「マチスモ」という男性優位主義の中で生きる女の子たち。その様子を安田さんに前後編に分けてリポートしていただきました。

前編:「学校に妊娠しに行くんだろう」と父や兄は言う

生理のこと、誰に相談しましたか?

初潮を迎えた経験のある人は、最初にその日がきた時、どれくらいその知識を持っていたでしょうか。そして真っ先にそれを、誰に相談したでしょうか。

前回の手記では、「マチスモ」という、グアテマラをはじめ中米に根強く残る男性優位の価値観について触れました。それはただ単に女性の教育の機会や社会進出の壁となっているだけではなく、生活に必要な知識を得るための機会を奪ってしまうことがあります。

グアテマラの中でもとりわけ農村地帯は保守的なコミュニティが多く、性教育を公に行うことも難しいため、生理がきた少女たちが、ただただ戸惑ったり、「生理がきたらお風呂に入ってはいけない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.