くらし情報『転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった』

2019年9月12日 21:45

転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった

目次

・妊娠が分かったとき、不安は?
・「つくりたいように制度をつくっていいよ」
・復職を支えてくれたのは“制度より風土”
転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった

開業前からライフネット生命保険株式会社で働き、現在は執行役員を務める片田薫(かただ・かおる)さん。マザーズ上場時には、従業員代表として“東証の鐘”を叩いたというほど、ライフネット生命保険とともに育ってきたメンバーです。

そんな彼女は29歳のとき、会社の立ち上げと前後して、妊娠が発覚。当時まだ企業として動きはじめたばかりの社内で、創業者から「自由に産休・育休制度をつくっていい」と任されます。

片田さんは、どのように子どもがいる親のための制度を整えていったのか?かたちばかりでなく、本当にニーズを押さえた制度をつくるためのマインドを伺いました。

妊娠が分かったとき、不安は?

——まずは、片田さんが妊娠に至るまでの経緯を聞かせてください。ライフネット生命保険が正式に開業する前から働いていらっしゃったということは、かなり中枢の社員だったはず。開業前後の忙しい時期に妊娠されて、仕事との両立に不安はありませんでしたか?

片田薫さん(以下、片田):そうですね……正直に言うと、妊娠するとどうなるのか、あまり具体的なイメージができていなかったんだと思います(笑)。当社が開業したのは2008年5月で、私が入社したのはその前の2月。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.