くらし情報『転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった』

2019年9月12日 21:45

転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった

では、実際に妊娠してからも、ひとまず出産までは働き方に変化がなかった?

片田:そうです。それは、別の意味で夫のほうも同じでした。夫は残業も多いし、子どもができたからといって早く帰れるようにはなりません。むしろ「奥さんと子どものためにも、もっと頑張らないとな!」と言われるような社風。だから、妊娠中はまだしも、産後は私のほうが仕事をセーブしなくてはいけないんだろうな……という意識はありました。

「つくりたいように制度をつくっていいよ」

——でも、できたばかりのライフネット生命保険には、そのころ産休・育休などの制度がなかった。片田さんがみずから作られたそうですが、それはどんな経緯だったのですか。

片田:創業者の出口(治明)から「妊娠おめでとう。片田さんがつくりたいように制度をつくって、休んでいいよ」って言われたことがきっかけですね。社員がまだ20~30人くらいで、経営陣とも直接話せるフラットな現場だからこそ、ですよね。

——「制度がないから休まないで」ではなく「休めるように制度をつくって」だったのが素敵です。

片田:もともとライフネット生命保険は“お客さま一人ひとりの生き方を応援する企業”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.