くらし情報『転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった』

2019年9月12日 21:45

転職後、すぐに妊娠。復職を支えてくれたのは“制度より風土”だった

インターネットというツールを駆使して、リーズナブルな保険を必要としている若い世代に商品を届けるために、当社が誕生しました。

片田:そして、そのスタンスは社員に対しても同じです。出口をはじめ、社内でも当然に“誰もが赤ちゃんを安心して産み、育てられる会社にしたい”という想いがあったのだと思います。

——その空気を受けて、片田さんはどんな制度を整えたのでしょうか?まず自分が使う制度となると、ついリッチな補助や長い休暇を盛り込みたくなっちゃいそうです。

片田:そこはしっかり節度を持つことを意識しました。保険業界は当社よりも規模の大きな会社が多いため、同業他社のレベルに合わせようと思うと、予算的になかなか難しい。なので、まずは厚労省が出している産休・育休のモデル規定を参考に、必要最低限の休業期間や給付金をそろえていったかたちです。これで一度試してみて、自分やほかの社員から新しいニーズが見えてきたら、その都度考え直していけばいいと思っていました。

復職を支えてくれたのは“制度より風土”

——制度をつくりあげて、実際に産休・育休を取得。どれくらい休まれたのですか。

片田:2月に出産して、4月から保育園に預けられたため、5月に復職しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.