くらし情報『50代、自分も周りも体調を崩しはじめて「老い」が気になった』

2019年9月13日 14:45

50代、自分も周りも体調を崩しはじめて「老い」が気になった

目次

・閉経後の老年期があるのは人間の女性だけ???
・人の身体の中ではいろいろなことが起こっている
50代、自分も周りも体調を崩しはじめて「老い」が気になった

『キッパリ!』などの著書を持つ、上大岡トメさんの新刊『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎)のインタビュー。

第3回は著者である上大岡トメさんが、本のテーマに「老い」を選んだ理由や、取材で知った驚きの事実についてお聞きしました。

閉経後の老年期があるのは人間の女性だけ???

画像提供:幻冬舎

——そもそも「老い」をテーマに描こうと思ったのは、ご自身の身体の変化がきっかけだったのですか?

トメ:はい。私自身が50歳目前で喘息を発症したり、周りの50代の友人たちが同じように体調を崩しているのを見たのが直接のきっかけでした。同時期に、老いとは経年変化ではなく、遺伝子の中にプログラムされているという記事を読んでショックを受けたことも、「老い」に興味を持った理由です。

それと、もともと人の身体に興味があったというのもあります。人間の脳について描いた『のうだま*』のときもそうでしたが、人間の、自分の身体の中を知りたいと常々思っていました。急に体調を崩して、やはり「老い」に目を背けてはいられない。身体の中では何が起こっていて、これからどうなっていくのか科学的に知りたくなりました。

*「のうだま1、2」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.