くらし情報『産休・育休は“女性だけのための制度”じゃない。誰もが働きやすい会社をつくるヒント』

2019年9月13日 20:45

産休・育休は“女性だけのための制度”じゃない。誰もが働きやすい会社をつくるヒント

子育て中の本人だけでなく、周りも含めてケアを

——社員の事情や希望に合わせて、産休・育休制度の枠を越え、働き方をカスタマイズするというわけですね。でも、人に合わせてルールを考えていくのは、とても手間がかかるように思います。

片田:出産・育児とひとくちに言っても、本人がなにをつらいと感じているかは人それぞれなんですよね。私は、働く時間を充分にとれないことがつらかったけれど、別の社員はしばらく子育てに専念したいかもしれない。勤務時間より、任せられる仕事の内容や収入について悩んでいるかもしれない。妊娠中の体調だって、私がたまたま元気だっただけで、つわりが苦しい人も早産になる人もいます。

だからこそ、コミュニケーションのコストがかかっても、それぞれに事情をヒアリングしないといけないんです。本人だけでなく、その社員が所属しているチームに対してもそう。休みがちなメンバーがいることに、なにか負担を感じているか?子育て中の社員が申し訳なく感じていることを、周りは本当に迷惑だととらえているのか……?などなど。2016年から管理職になって、よりいっそう、いろんな気持ちを聞いてからベストな対策を考えたいと思うようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.