くらし情報『産休・育休は“女性だけのための制度”じゃない。誰もが働きやすい会社をつくるヒント』

2019年9月13日 20:45

産休・育休は“女性だけのための制度”じゃない。誰もが働きやすい会社をつくるヒント

——でも、子どものいない社員が万が一「あの人が子ども絡みで休んだせいで仕事が増えた」と思っていたとしても、それを上司には言いづらいはず。そこをうまくケアするのは、かなり難しそうです。

片田:そうですね~……当社には月1回「1on1(ワンオンワン)」で行う「来風面談」という仕組みがあって、全員がなかば強制的に上司と2人きりで話す機会がつくられています。わざわざ時間を取って話していると勘ぐられてしまうけれど、毎月のことだから、周りも気にしない。そして毎回「自分の気持ちを天気にたとえる」という質問があるんです。

——天気?

片田:はい。「くもり」とか「晴れ」とか。そういうあいまいな質問だと、意外に嘘がつけない。「どちらかというと、くもりかなぁ」なんて答えには「それはどうしてですか?」などとつっこみます。そうすると例えばですが「実は、プライベートで不安なことがあって、なかなか仕事に集中できなくて」みたいに、普段は言いづらいこともぽろっと話してくれたりするんです(笑)。

産休・育休にとらわれず、誰もが使える便利な制度を増やす

——2018年の開業10周年セミナーでは「83%の社員が産休・育休を取得して、復職している」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.