くらし情報『睡眠不足で15兆円の経済損失!? ソーシャル・ジェットラグが与える影響』

2019年9月16日 11:45

睡眠不足で15兆円の経済損失!? ソーシャル・ジェットラグが与える影響

目次

・15兆円の経済損失!?
・子どもは大人以上に睡眠が大切
・寝不足が自慢になる世の中を変える
睡眠不足で15兆円の経済損失!? ソーシャル・ジェットラグが与える影響

睡眠不足で体調不良になるのはわかるけど、休日に十分睡眠をとったにもかかわらず、なぜか月曜日の朝から体がだるい……、そんな悩みを抱えている人は少なくありません。その原因のひとつとして、知っておきたいのが「ソーシャル・ジェットラグ」です。

ソーシャル・ジェットラグ とは、“平日と休日の就寝・起床リズムのずれ”を、学術的に呼んだもののこと。

第2回では、ソーシャル・ジェットラグによるさまざまな影響についてお話を伺いました。

15兆円の経済損失!?

——ソーシャル・ジェットラグになると、時差ボケのような症状の他に、どんな影響があるのでしょうか?

岡島義さん(以後、岡島):抑うつ状態が続き、やる気や集中力、思考力の低下などにつながります。当然、パフォーマンスは落ち、仕事や学業の成績は低下します。また、肥満や生活習慣病になる確率も高いと言われています。

ソーシャル・ジェットラグだけの影響ではありませんが、寝不足と肥満には関連性があることはすでに実証されています。起きている時間が長いので食べ過ぎてしまう、重いものを夜遅くに食べるので脂肪になりやすいといったことが原因です。ソーシャル・ジェットラグの人には慢性的に寝不足の人も多いので、肥満になりやすい傾向があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.