くらし情報『つい自虐しがちな私たちが自尊心を鍛えるには?【長田杏奈さんイベント】』

2019年9月21日 20:45

つい自虐しがちな私たちが自尊心を鍛えるには?【長田杏奈さんイベント】

目次

・かわいそうって、言う側の気持ちでしょう?
・つい自虐が先行してしまう私たち
・「嫌味かもしれないけど、ありがとうございます」
・言葉は適材適所
つい自虐しがちな私たちが自尊心を鍛えるには?【長田杏奈さんイベント】

女性誌やウェブメディアなどで数々の美容記事を手がけるライターの長田杏奈さん。ツイッターでは「おさ旦那/長田杏奈」として、美容のこと以外にも私たちを刺激してくれるメッセージを発信しています。

長田さんの初の著書『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)が6月に出版され、その発売記念トークイベントが2019年6月25日に TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(東京都港区)で行われました。ゲストは、劇団雌猫のひらりささんと、She is編集長の野村由芽さん。

出版記念イベントは初めてという長田さんの、記念すべきイベントの様子を全4回にわたってリポートします。

(左から)ひらりささん、長田さん、野村さん

かわいそうって、言う側の気持ちでしょう?

長田:次のテーマは、「一重まぶたはかわいそう?」です。

ひらりさ:長田さん自身がかつて言われていたこと?

長田:いえ。これは『美容は自尊心の筋トレ』の編集担当が怒っていることですね。彼女には娘さんがいるんですけど、小さな子って細胞がピチピチでハリがすごいから、将来まぶたがどうなるかなんてわからないですよね。それなのに、おばあちゃんとか親戚の人に「あらぁ、一重でかわいそうね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.