くらし情報『三浦春馬に聞く「普通って何だろう?」 映画『アイネクライネナハトムジーク』で主演』

2019年9月20日 20:01

三浦春馬に聞く「普通って何だろう?」 映画『アイネクライネナハトムジーク』で主演

目次

・「社内にこういう人いるよね」を目指した
・そもそも「普通」って何だ?
三浦春馬に聞く「普通って何だろう?」 映画『アイネクライネナハトムジーク』で主演

最近、三浦春馬が気になる。

映画やドラマ出演だけでなく、歌に踊りにMCもこなす。爽やかだったり、妖艶だったり、さまざまな表情で見るものをわくわくさせる。表現者としてギアが上がった印象だ。

そんな三浦さんが最新主演映画『アイネクライネナハトムジーク』(今泉力哉監督)で演じているのは、スポットライトとは無縁の、どこにでもいそうな会社員。名字は「佐藤」。下の名前は出てこない。街頭アンケートに答えてくれた女性・紗季(多部未華子さん)との関係を軸に、出会いから10年の時を超えてつながっていくさまざまな人間模様が描かれる。

そこに「カッコいい三浦春馬」はいない。いるのは、ごくごく普通の会社員。でも、「普通の人」って何だろう? 三浦さんに、「普通の会社員」役へのアプローチや、キャリアを開くきっかけをくれた出会いなどについて聞いた。

【後編は…】三浦春馬の仕事ルール

「社内にこういう人いるよね」を目指した

——佐藤は、どこかに劇的な出会いが落ちていると、ただただ奇跡を待っているかのような男性です。この手のタイプは男女問わず若い人には多いと思うのですが、三浦さんが共感できる部分はありますか?

三浦春馬さん(以下、三浦)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.