くらし情報『ムリをしていた40代。できないことは「ゆるそう」と思えるようになるまで』

2019年9月20日 14:45

ムリをしていた40代。できないことは「ゆるそう」と思えるようになるまで

目次

・できることを伸ばしていく
・生物学的に50歳まで生きられたらそれだけでラッキー
ムリをしていた40代。できないことは「ゆるそう」と思えるようになるまで

『キッパリ!』などの著書を持つ、上大岡トメさんの新刊『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎)のインタビュー。

最終回は著者である上大岡トメさんが考える、「老いをゆるす」とはどういうことなのかをお聞きしました。

できることを伸ばしていく

——「40代まではめちゃめちゃ『老い』に抗っていた」とおっしゃっていましたが、具体的にはどんな感じだったのですか?

上大岡トメさん(以下、トメ):常にもっと動きたいという気持ちがありました。とくにバレエがわかりやすいのですが、痛くても疲れていても、自分の身体を顧みずにずっと練習をしていましたね。

——常に右肩上がりで伸びていくというのは、ある程度の年齢を超えると難しいですよね。

トメ:そうなんです。怪我も増えるしね。でも、それが「老い」からくるものだとは認めたくない。もっとがんばれば、もっとできるようになると、無理をしていたのが40代でした。

でも、「老い」について知れば知るほど、プログラミングされているものだから仕方がないと、受け入れられるようになっていきました。とはいえ、何もしないのは嫌だから、スローにしていく努力はしようと。もっとがんばれるではなくて、できないことも「ゆるそうよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.