くらし情報『「死ぬんじゃねーぞ!」の続編を書くなら…。中川翔子のこれから』

2019年9月25日 14:45

「死ぬんじゃねーぞ!」の続編を書くなら…。中川翔子のこれから

目次

・木村にやっと聞けました
・『デイジー・ラック』の共演者とのカンケイ
・続編を書くなら…
「死ぬんじゃねーぞ!」の続編を書くなら…。中川翔子のこれから

「大丈夫。なんとかなる、なんとかするために、わたしたち大人がいます」

中川翔子さんは、著書『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋)でなんども、いじめられて苦しんでいる子どもたちに向けて「死にたい夜を超えて、今日1日をなんとか生き延びてほしい」とメッセージを発信しています。

自身も中学のころ、いじめられて不登校になった経験を持つ中川さん。前編では、当時の気持ちを忘れないことや、大人として寄り添ってあげられる人になること、幸せそうな背中を見せることが大切だと語ってくれました。

後編では、そんな中川さんの現在とこれからについて話をうかがいました。

木村にやっと聞けました

——本書の中に出てくる友人の木村さんの存在も希望になるなと思いました。木村さんから感想は聞いていますか?

中川翔子さん(以下、中川):照れちゃってなかなか「読んだ?」って聞けなかったんですけど……。先日会ったら爆笑されました。「もー!こんなに悩んでたの!?」って。「他の人から何か言われていたかもしれないけれど、それよりも一緒にいるのが楽しいから一緒にいたんだよ。今も」と言ってくれて、なんていいやつだ……と感動しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.