くらし情報『村木厚子「自分らしく生きるために行動すれば世界は変わる」【若草物語トークショー】』

2019年9月24日 21:01

村木厚子「自分らしく生きるために行動すれば世界は変わる」【若草物語トークショー】

小林: “お母さま”はキリスト教の価値観に基づいた子育てをしていますが、村木さんにも娘さんがいらっしゃるということで重なる部分はありますか?

村木: “お母さま”は子供を自由にさせる部分がある一方で、「ここは絶対大事」という譲れない部分は分けていて、きちんと四姉妹に言って聞かせます。母親の理想像だと思うのですが、自分はとてもまねできないなと思います。

小林:ジョーとエイミーがケンカするシーンがありますが、“お母さま”は秤(はかり)の真ん中にいるようにセンターに立って常に平等を貫いています。

村木: 本を読んでジョーとエイミーのケンカのくだりは知っていましたが、今回のミュージカルで“お母さま”が2人にどんなふうに言葉を掛けるのか、ドキドキしました。

香寿:稽古のときは感情的にセリフを言ってしまうことも多かったのですが、小林さんからは「ちょっとドライに慈愛に満ちた感じで」と言われました。なので、「慈愛に満ちて、慈愛に満ちて……」と言い聞かせていましたね。どうしても日本人だと、一緒に泣いてしまったり、感傷的になったり、共感をしてしまうほうが多いのですが、“お母さま”の秤(はかり)のような平等さを意識しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.