くらし情報『美に浸りすぎて疲れたとき「全員美人」だと気づいた【長田杏奈】』

2019年9月24日 20:45

美に浸りすぎて疲れたとき「全員美人」だと気づいた【長田杏奈】

目次

・「美容」の2文字の圧
・美に浸かりすぎて不安になった
・タイトルの「筋トレ」に込めた想い
・まずは「傷つけられた」ことを自覚することが大事
美に浸りすぎて疲れたとき「全員美人」だと気づいた【長田杏奈】

自分の持つ魅力(特に容姿に関して!)をポジティブに語るのは難しい……と感じている人は多いのではないでしょうか。

「だったら、外見をみがく努力すればいいんじゃないの?」と、美にまつわるコンテンツは時に私たちを息苦しくさせます。その居心地の悪さを超えて、私たちが「私は私でいい」と思うにはどうしたらいいの?

長年女性誌を中心に美容記事を担当し、初の単著『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)を上梓した、ライターの長田杏奈(おさだ・あんな)さんに聞いてみました。

「美容」の2文字の圧

——『美容は自尊心の筋トレ』、女性に美しくなることを強いるのではなく、「セルフケア」の大切さを教えてくれる優しい本でした。はじめに、で長田さんは、ご自身の「美容ライター」という肩書きに対する葛藤も書かれていますね。

長田杏奈さん(以下、長田):肩書きについては、約15年間、美容に関する記事を書いてきて、はじめは「美容ライター」を名乗れることが嬉しかったんですけど、警戒されてしまう場面も多いな……と感じるようになって。

——警戒?

長田:目の前に「美容ライター」が現れた!さあ、一体どんなダメ出しをされるのか……という感じというか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.