くらし情報『美に浸りすぎて疲れたとき「全員美人」だと気づいた【長田杏奈】』

2019年9月24日 20:45

美に浸りすぎて疲れたとき「全員美人」だと気づいた【長田杏奈】

長田:この本がこんなにたくさんの人に読まれるとは思っていなかったし、美容業界の人から「全員美人なんて言ったら、元も子もないじゃん」と、干されるんじゃないかという不安もあったので、ホッとしています。美容に関して、自分の意見がいっぱいたまっていたので「ここで全部出してしまおう!」と思い切って書きました。

——15年以上、美容ライターとしてアッパーな美意識に関わることを発信してきたんですよね。長田さんの思考が変わったきっかけは?

長田:3年くらい前かな。仕事で美に浸かり過ぎて、叫びたくなることがあったんですよ。年末進行で、雑誌の記事をいっぱい書きながら、ブックライターとしても2冊担当していたんですね。ずっと「これが美の正解」「こういうのはダメ」みたいな、美意識が高い人のメッセージを自分の中にインストールしすぎて、ちょっと疲れちゃったんです。言われた通りに書いているけれど、「じゃあ、自分の顔はどうなのって?」って、わからなくなってきちゃって。「もしかして、お目汚しをしている?」みたいな。

——他人の美意識に接しているうちに、不安になってしまったんですね。

長田:でも、そこから自分なりの美に対する気持ちがわいてきて「人間、みんな美人じゃない?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.