くらし情報『崩れる、べたつく、荒れる…美肌のための汗ケアを臨床内科専門医に聞きました』

2019年9月27日 20:45

崩れる、べたつく、荒れる…美肌のための汗ケアを臨床内科専門医に聞きました

汗をかいた肌はデリケートになっていることを覚えておいてください」

夏でも洗顔後に美容液やクリームで保湿を

汗が流れる中、肌ケアの秘訣はあるでしょうか。正木医師は、オフィスや外出先では次の方法を紹介します。

「汗を皮ふ上にとどめないことです。第1回のにおいケアと同じで、汗をかいたらすぐに、清潔なウエットティッシュや濡れたタオル、ハンカチなどでそっと拭き取りましょう。また、オフィスでは、可能なら水で顔を流してください。汗は水だけで流すことができますから、洗顔料は使わなくても大丈夫です。汗をかきやすいのは額(ひたい)の髪の生え際です。そこだけでも水で流すといいでしょう。

そして、オフィスでの使用が便利そうな、化粧水や乳液、美容液、クリームが一体型のスキンケアグッズを持参して、そっと塗ってからファンデーションでおさえましょう。

オフィス内は冷房のもとで夏でもかなり乾燥するため、ミストやスプレータイプの化粧水を持参して、ときどき、しゅっと顔に吹きかけるとケアになります。こういったまめなケアをするかしないかで、肌の状態はかなり違ってくるでしょう」

次に、自宅での朝晩のケアについて、

「汗や皮脂を取り除きたいからと過剰な洗顔をすると、外部からの刺激を守る機能が低下して肌荒れを引き起こします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.