くらし情報『睡眠の質を上げる暮らし方【ソーシャル・ジェットラグの解消法2】』

2019年9月30日 14:45

睡眠の質を上げる暮らし方【ソーシャル・ジェットラグの解消法2】

私も家にあるすべての電球をオレンジ色の白熱球に変えたところ、私自身の眠りにも変化があったのと同時に、子どもの寝つきが早くなったことに驚きました。子どもは大人以上に灯りの影響を受けやすいので、お子さんの寝つきが悪いと感じたら、照明を変えることをおすすめします。

——照明の灯りだけでなく、お日さまの光も睡眠に影響すると聞いたことがあります。

岡島:実は、朝の光については間違った認識を持っている方が多いように思います。朝日を浴びるというよりも、目から光を体内に取り入れることが大切です。人間の体はメラトニンが分泌されると眠くなるようにできています。目から入った光によってメラトニンの分泌が抑えられ、頭がすっきりと目覚めます。

夜の蛍光灯がよくないというのは、まさに蛍光灯の灯りが朝の光と同様にメラトニンの分泌を抑えてしまうからです。できれば、夏は15分〜30分、冬は30分〜1時間、朝の光を目に取り込むようにすることで、朝の目覚めがよくなると同時に、夜の寝つきもよくなります。——結構、長いですね。

岡島:みなさんに毎朝、朝日をどれくらい見ますかと聞くと、カーテンを開けた瞬間の5秒くらいという方が多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.