くらし情報『「好き!」の力を知った。森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』に出演』

2019年10月3日 20:43

「好き!」の力を知った。森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』に出演

目次

・「森崎ウィンのマサルを表現してほしい」
・原作は「分厚いな」と思った
・決められたルールを壊したい
「好き!」の力を知った。森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』に出演

10月4日(金)から公開される『蜜蜂と遠雷』(石川慶監督)の主要キャラクターとして出演する森崎ウィンさん(29)。森崎さんは、ミャンマー出身で、10歳の時に家族で日本に移り住み、18歳で俳優としてのキャリアをスタートします。

昨年、スティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』でトシロウ役に抜擢されハリウッドデビューを果たしました。また、ダンスボーカルユニット「PRIZMAX」のメインボーカルを務めるほか、ミャンマーのテレビ局で冠番組を持つなど多彩な輝きを放ちます。

「森崎さんにぴったりな役でしたね」と感想を伝えると、「実は、僕がマサルを演じるのはちょっと難しいと思っていたんです」と意外な反応が。その理由と、作品が完成した今思うことについて話を聞きました。

森崎ウィンのマサルを表現してほしい」

——今回、マサル・カルロス・レヴィ・アナトールを演じていかがでしたか?

森崎ウィンさん(以下、森崎):マサルのフルネーム!長いのにありがとうございます!実は僕、もともと原作のファンで「映画化したら面白いだろうな」って思っていたんです。でも、まさか自分がマサルを演じるなんてまったく想像していなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.