くらし情報『「生理の日も元気に頑張ろう」の背景とは? ソフィのブランドマネージャーに聞いてみた』

2019年10月2日 14:45

「生理の日も元気に頑張ろう」の背景とは? ソフィのブランドマネージャーに聞いてみた

目次

・CMのメッセージは時代や情勢で変わる
・「パッケージで機能をアピール」はもう古い?
・生理について、もっと話そう
「生理の日も元気に頑張ろう」の背景とは? ソフィのブランドマネージャーに聞いてみた

ほとんどの女性が経験している毎月の生理。眠気やイライラ、食べ過ぎてしまうなど、生理前後の症状の対策をしている人は多いと思いますが、生理用品まで気にかけている人は少ないのでは?

生理用品、紙おむつなどの衛生用品の大手メーカーのユニ・チャーム株式会社の長井千香子さんによると「化粧品のようにあれこれ試す人は少数派で、多くの人が、初経のときに母親から薦められたナプキンをそのまま使っている」そう。でも、生理で出る経血の量や、肌の弱さ、取り替える頻度、ライフスタイルは人それぞれのはず……。

そんななか新商品として注目を集めているのが、同社の「ソフィORGANIC®オーガニックコットン」シリーズです。でも、なぜオーガニックコットンを使用した生理用品が話題になるの?生理用品にこだわることで何が変わるの?

ブランドマネージャーとしてソフィを担当する長井さん。入社以来15年間、ずっと生理のことを考え続けてきたという彼女に、生理用品の変化や生理との付き合い方について聞きました。

CMのメッセージは時代や情勢で変わる

——生理用品のCMの「生理の日も元気に頑張ろう!」というのがちょっと苦手だったのですが、最近は「無理をしなくてもいい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.