くらし情報『「生理の日も元気に頑張ろう」の背景とは? ソフィのブランドマネージャーに聞いてみた』

2019年10月2日 14:45

「生理の日も元気に頑張ろう」の背景とは? ソフィのブランドマネージャーに聞いてみた

と感じてしまうみたいです。そういう場合は、「生理の日に負けない!」という攻めたCMが求められるんですよ。

「パッケージで機能をアピール」はもう古い?

——「ムレなし!モレなし!サラサラ!」みたいな、商品のメリットを全面に出してアピールするパッケージも減ったような……。それって何か理由があるんですか?

長井:ムレやモレ以外の要素を大事にしているお客様が一定数いるからだと思います。もちろん、「安心して使える製品」だと伝えるのも大事なことなんですよ。でも生理用品が進化し続けてきた結果、重視するポイントが人によって変わってきたなという感じはありますね。

——海外の生理用品を見たときに、「お菓子の箱みたいでかわいい!」って思ったことがあります。パッケージについて、開発側のみなさんはどう思っているんですか?

長井:私のチームでは、「生理用品を買う人の気持ちに合わせて変えていく」ことを第一に考えています。今回の新商品も見た目には結構こだわったんですよ。100枚を超えるデザイン案のなかからお客様にヒアリングを行って、最終的にコットンを全面に出したシンプルなものに決めました。

——生理用品ってピンクとか青とか、はっきりした色のパッケージが多いですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.