くらし情報『洗い流さないトリートメントとの違いは? ヘアオイルの種類と使い方【美髪プロが教える】』

2019年10月7日 21:45

洗い流さないトリートメントとの違いは? ヘアオイルの種類と使い方【美髪プロが教える】

お風呂から出たあとの濡れた髪に使用するのがベストです。髪が濡れていると成分が浸透しやすくなります。ただし、びしょびしょに濡れた髪につけるのは、かえって成分が浸透しにくくなるためNGです。

タオルドライで水分を吸収したあとにヘアブラシでそっと髪をとかしてから、ヘアオイルを手に取り、手のひらの体温で温めていく感覚で髪に伸ばしていきます。

また、ダメージが気になるときは、朝のスタイリング前、ヘアアイロンやドライヤーを使う前などにもつけるとよいでしょう」と三谷さん。

指の間にも伸ばし、毛先から髪の長さの半分までつける

続いて三谷さんは、ヘアオイルのつけ方について次のように順を追って説明をします。

(1)ヘアオイルはどの種類でも、ショートヘアなら1~2滴、セミロングなら2~3滴、ロングヘアなら3~4適程度、手のひらに出しましょう。

(2) 両方の手をこすり合わせるように手のひらに伸ばします。このとき、両方の手の指を交差するようにして指の間にもオイルを伸ばしましょう。これをしないと、髪へのつきかたが不足したり、片寄ったりします。また、指先だけでつけると、髪にまんべんなく行き渡りません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.