くらし情報『稼ぎがすべて保育料に変わっても、私が仕事を手放さなかった理由』

2019年10月8日 20:45

稼ぎがすべて保育料に変わっても、私が仕事を手放さなかった理由

——ヘトヘトになっても、仕事をセーブせずに走り続けられた理由は?

長田:とにかく、自分のキャリアにブランクを作りたくなかったんです。保育園に預けることにも一切迷いはなかったですね。

中学時代からワーキングマザーになることを意識

——長田さんは、お母さんが美容部員として働くワーキングマザー。小さい頃から、もしも子どもを産んでも働き続けたいと考えていたんでしょうか。

長田:中学生の頃から、ずっと子育てと仕事を両立する未来を思い描いていました。でも、当時はまだ専業主婦が多い時代。仕事と育児を両立するような本ってあんまりなかったんです。雑誌『コスモポリタン』に「ワーキングマム」っていう別冊があったくらい。今思うと非現実的な内容だったけど、それをことあるごとに読んでイメトレしていましたね。

——かなり早い段階で、自分のキャリア設計について考えていたんですね。

長田:手に職をつけたいし、ずっと働きたい。若い頃から、結婚をどうするかより、自分の仕事に対する執着のほうが強かったんですよ。産後は約半年で仕事復帰して、隣の区にある認可外保育園に、毎月10万円ほど払って通ってましたね。2人目が生まれた後は、もちろん保育料も倍に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.