くらし情報『シリコンとノンシリコン、どっちのシャンプーを選ぶ?【美髪プロが教える】』

2019年10月10日 21:45

シリコンとノンシリコン、どっちのシャンプーを選ぶ?【美髪プロが教える】

目次

・シリコンそのものは頭皮、髪に悪影響とは言えない
・指どおりやツヤがほしいときはシリコン入りを
・ボリュームがない場合はノンシリコンを
シリコンとノンシリコン、どっちのシャンプーを選ぶ?【美髪プロが教える】

シャンプーのパッケージに、「ノンシリコン処方」と強調するように記載されているタイプがあります。「シリコン」入りがいいのかノンシリコンがいいのか、シャンプーを選ぶ際の基準のひとつになるでしょう。

シャンプーを選ぶポイントについて、3回連載で美髪ケアを追求する美容師の三谷遥さんにお尋ねしています。今回は、三谷さんが「お客さんによく聞かれること」と話すシリコンとノンシリコンについて、どう選べばいいのかを尋ねました。

第1回、第2回は次の記事をご参照ください。

【第1回】「洗浄成分」で見極めて! 自分に合うシャンプーの選び方
【第2回】アミノ酸系、石けん系とは?シャンプーの選び方

シリコンはリンスやファンデーションに含まれるタイプも

はじめに三谷さんは、シャンプーのタイプについてこう話します。

「前回の記事では、シャンプーのタイプにはおおまかに分けて、『高級アルコール系シャンプー』、『アミノ酸系シャンプー』、『石けん系シャンプー』などがあることを伝えました。またこれらには、それぞれシリコン入りとノンシリコンのものがあります。とくに、高級アルコール系の多くは、シリコン入りでしょう」

シリコンとは正式には『シリコーン』と呼ぶ合成化合物で、シャンプーに使用されるのはシリコーンオイルという油の成分です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.