くらし情報『シリコンとノンシリコン、どっちのシャンプーを選ぶ?【美髪プロが教える】』

2019年10月10日 21:45

シリコンとノンシリコン、どっちのシャンプーを選ぶ?【美髪プロが教える】

そのうえで、使い方を工夫する、また使い分けるのが得策でしょう」

指どおりやツヤがほしいときはシリコン入りを

ここで、シリコン入りシャンプーのメリット、デメリットについて、三谷さんはこう紹介します。

「熱や摩擦から毛髪を守り、髪を洗う際に、毛髪のきしみを抑えて指どおりをなめらかにします。そのため、洗髪中の髪へのダメージを軽減します。

また、毛髪をコーティングしてドライヤーの熱から守る、枝毛や切れ毛から守る、ボリュームを抑える、ツヤを与えるように働きます。つまり、髪がからまりやすいとき、ダメージが気になるとき、毛量が多い人、ドライヤーやヘアアイロンをよく使用する人に向きます。

ただし、シャンプー後の『洗い流し』が足りないことによってシリコンが頭皮の毛穴に詰まり、べたつきや毛髪のダメージ、抜け毛などのトラブルを引き起こすことはあるかもしれません。

また、価格の安い高級アルコール系(第1回参照)でシリコン入りシャンプーを使用すると、洗い流しても、シリコンが膜を覆うように髪の表面に積み重なることがあります。すると、パーマ剤やカラー剤が浸透しにくくなります。そのため、パーマやカラーをする1週間ほど前からは使用しない方がよいでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.