くらし情報『「勃起するフェミニスト」と呼ばれた20代。ゲスな欲望と向き合って見えたもの』

2019年10月11日 09:45

「勃起するフェミニスト」と呼ばれた20代。ゲスな欲望と向き合って見えたもの

——一徹さんはどうですか?

一徹:20年前、2000年前後って、恋愛してない人はちょっと足りてない人っていう空気がありませんでした?僕は妹が2人いたので少女漫画も読んでいたんですが、そこでは恋愛は大きな要素でしたし、少年誌でも『ドラゴンボール』の悟空にはチチがいるし、『北斗の拳』のケンシロウにはユリアがいるし……。だから、「恋愛できない自分はおかしい」という空気をすごく感じていました。

一徹:性欲はあるけどそれを女の子に見せたら「体目当てなのね」って思われるんじゃないかと気にして、女の子とはうまくしゃべれない。男の人にも「お前、なに色目使ってんだよ」と言われそうだし、どうやって恋愛すればいいのかわからないんです。恋愛はしたいんだけど、ヤンキーがたしなむものっていうイメージを持っていました。

清田:たしかにそうですよね。恋愛できる人は勝ち組というか。

一徹:そう、恋愛は一部のリア充がたしなむものと思っていた。

清田:わかります。僕も男子校で恋愛とは無縁の生活をしていました。

一徹:恋愛の道からはずれ、ひたすらオナニーをしていました(笑)。

恋愛できない自分は何か欠けている?

——オナニーでは「恋愛したい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.