くらし情報『「勃起するフェミニスト」と呼ばれた20代。ゲスな欲望と向き合って見えたもの』

2019年10月11日 09:45

「勃起するフェミニスト」と呼ばれた20代。ゲスな欲望と向き合って見えたもの

一徹:まさにそうですね。

清田:僕もひたすら鬱屈としていて、20代のころは学生時代の同級生と一緒に働いていたんですが、夜中まで仕事をしたあと、よく夜の歌舞伎町を自転車でウロウロしてました。何かドキドキするようなことが起きないかなって……。

——何を期待していたんですか?パンをくわえた女の子と角でぶつかるとか?

清田:ほんとそのレベルです(笑)。急にエロいお姉さんが「君たち何してるの?」とか言ってくるのを期待したり……。怪しい掲示板とかに、そういう嘘くさい体験記があるじゃないですか。そういうのを真に受けて、キャッキャ夢をふくらませていましたね。

一徹:何か起きました?

清田:いや、当然ながら何も起きず、二人でラーメン食って帰ってくるというしょーもない夜を繰り返すだけでした(笑)。

アダルトサイトの意外な検索結果

——おふたりとも、欲望が行き場を失ってぐるぐるしている感じの20代だったんですね。

一徹:清田さんの「勃起するフェミニスト」じゃないですけど、僕の中にも、女の子には優しくしてあげたいという思いと、ゲスな欲望みたいなのがゴチャゴチャしていていました。

——そういうゲスな欲望のほうを可視化したのが、AV作品のレイプものとかなんですかね?

一徹:レイプものといえば不思議だったのが、去年のFANZA(アダルトサイト)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.