くらし情報『娘であり、妻であり、母である…映画『真実』で是枝監督が宮﨑あおいに抱いた確信』

2019年10月15日 20:45

娘であり、妻であり、母である…映画『真実』で是枝監督が宮﨑あおいに抱いた確信

それこそ少年からおばあちゃんまでの声を演じられる。

今回も、あおいちゃんなら、ビノシュとは年齢が離れているけれど、リュミールの妻である部分、母親である部分、娘である部分……娘だったら“あの母親”の娘である部分、一緒に暮らせなかった父の娘である部分を微妙なニュアンスの違いで表現してくれるだろうという確信がありました。

それと、時々会いたくなるんです。こういう機会にかこつけて(笑)。

——宮﨑さんは洋画の吹き替え初挑戦ということでしたが、演技プランなどはあったのですか?

宮﨑:もともと演技プランを作るほうではないので、今回に関して、台本を読んで、完成した作品がすでにあるので、そこから受け取るものをそのまま表現しました。

もしかしたら、プロの声優さんだったとしたら違うものを感じるのかもしれません。でも私は声のプロではないので、声は自分のままで、ビノシュさんの演じた役に想いがあれば表現として自然に変わっていくだろうなと思って収録に臨みました。

——普段の女優の仕事との違いはありましたか?

宮﨑:逆になかったんだと思います。自分でやる作業としては同じでしたね。

是枝:今回はスケジュールの都合で吹き替え監督を立てて収録しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.