くらし情報『上司の平均点は68点! 6割がプライベートやSNSでの交流を「遠慮したい」』

2019年10月16日 10:01

上司の平均点は68点! 6割がプライベートやSNSでの交流を「遠慮したい」

目次

・プライベートでの交流は「遠慮したい」が6割超
・高得点上司は、部下のことを考えた行動を意識
・若手の過半数が「上司って大変だな」と感じている
上司の平均点は68点! 6割がプライベートやSNSでの交流を「遠慮したい」

10月16日は、日ごろからお世話になっている上司に感謝の気持ちを伝える「ボスの日」。日本ではあまりなじみがない記念日ですが、本場アメリカでは、上司を食事に招待したり、プレゼントを贈ったりする習慣があるそう。

そんな「ボスの日」を前に、チームワークや働き方改革のメソッドを提唱しているサイボウズのチームワーク総研が、「令和時代に求められる上司との距離感」について、20代の働く男女400人に意識調査を行いました。

上司と距離感が近いと、業務で手厚くサポートしてくれたり、気に掛けてくれたりする一方で、プライベートまで踏み込みすぎるとちょっと疲れてしまったり……。逆に、部下に対して無関心な上司だと、仕事のやる気がそがれてしまうことも。

令和の新時代、上司についてどのように感じているのでしょうか?

プライベートでの交流は「遠慮したい」が6割超

まず、「業務時間外の上司との距離感」を聞いたところ、「休日を含め、プライベートでの交流」や「SNSでつながる」といったプライベート領域での関わりは、6割超の人が「遠慮したい」と考えていることが分かりました。また、「季節のあいさつ(年賀状や中元歳暮など)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.