くらし情報『ホワイトニング用、香料入り、フッ素化合…むし歯と口臭ケアアイテムの選び方【歯科医が答える】』

2019年10月31日 14:55

ホワイトニング用、香料入り、フッ素化合…むし歯と口臭ケアアイテムの選び方【歯科医が答える】

目次

・ホワイトニングのために、研磨剤入りの歯磨き剤がいい?
・フレーバーやすっきり感重視の歯磨き剤は口臭予防になる?
・「フッ素配合濃度1,450ppm」の歯磨き剤はむし歯予防になる?
・歯磨き後には口を念入りにすすぐ?
ホワイトニング用、香料入り、フッ素化合…むし歯と口臭ケアアイテムの選び方【歯科医が答える】

むし歯と口臭ケアにとって、よいこととしてはいけないことをシリーズでお届けしています。今回は、むし歯、歯周病、口臭ケアのアイテムと方法の続編として、研磨剤入りやフレーバーテイストの歯磨き剤の使用はOKかなどについてご紹介します。ひき続き、歯科医師で口腔衛生がご専門の江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長にお尋ねしました。

【第1回】食後すぐの歯磨きはNG…食事とむし歯ケア法を歯科医に聞く
【第2回】泡立つ歯磨き剤はむし歯、口臭ケアにOK

ホワイトニングのために、研磨剤入りの歯磨き剤がいい?

(1)歯の黄ばみが気になるので、「ホワイトニング用研磨剤入り」タイプの歯磨き剤を使用していますが有効でしょうか。

江上医師: NGです。研磨剤は市販の歯磨き剤の多くに含まれていて、成分や含有量によって、多少から強力タイプまで多種があります。そのうち、パッケージに、「研磨剤入り」や「ホワイトニング用」、「ヤニ取り用」、また、「顆粒」、「つぶつぶ」をうたうタイプは、強力で含有量が多いと考えられます。

それらを使うと、コーヒーやワインなどのドリンク、食べ物の色素や、タバコのヤニのこびりつきが落ちやすいことは間違いありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.