くらし情報『ホワイトニング用、香料入り、フッ素化合…むし歯と口臭ケアアイテムの選び方【歯科医が答える】』

2019年10月31日 14:55

ホワイトニング用、香料入り、フッ素化合…むし歯と口臭ケアアイテムの選び方【歯科医が答える】

どうしても、ヤニ取りなどで強力な研磨剤入りを使いたい場合は、使う頻度を少なめに、目安として2週間に1回程度以下にして、ほんの少量でゴシゴシと強く磨かずに、歯の汚れだけを落とすイメージでそっと短時間で磨きましょう。

適切なケア
着色汚れは1日にしてならず。日ごろから唾(だ)液の分泌を促す、歯科医院で歯石を除去するクリーニングを定期的に受けるなどしましょう。「研磨剤(清掃剤)不使用」のタイプを選ぶほうが歯の健康ケアにとっては適切と言えます。

【参考記事】歯の黄ばみは唾液の力で防ぐ…自分でケアする方法
歯科医院で歯石を取る…健康保険適用の「クリーニング」とは

フレーバーやすっきり感重視の歯磨き剤は口臭予防になる?

(2)口臭予防になるかと思い、香料入りの歯磨き剤を使っています。

江上医師: NGです。香料そのものは口の中の健康に悪いものではありませんが、口臭予防にはなりません。

おとな向きにも、イチゴやレモンなどフルーツ味やチョコレート味、ハチミツ味などのフレーバータイプの歯磨き剤が市販されています。それらには成分に香料が含まれていますが、臭いを除去するものではありません。

懸念は、歯磨きの際に香りに満足して、すぐに歯を全部磨いた、口臭がおさまったと錯覚しやすいことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.