くらし情報『鈴木亮平、苦しみを抱え込んだ“内向き”の男の役で新境地 映画『ひとよ』で白石組に初参加』

2019年11月4日 12:00

鈴木亮平、苦しみを抱え込んだ“内向き”の男の役で新境地 映画『ひとよ』で白石組に初参加

僕たちはイメージと違うことをやっていきたいと常に思いながら、そこから抜け出したキャスティングをされないことに、役者として悩んだりする。キャスティングするほうも怖いということは分かります。でも、そこをなんとか、あえてこの役に……と思ってくださる白石監督のような存在はすごく貴重です。

しかも白石監督は、毎回それを結果として形にしてくれる。人柄的にはこういうナイスな方なんですけど、何かを打ち破ろうっていう反骨精神みたいなものはめちゃくちゃ感じましたね。映画作りで発散してるから普段こう優しくいられるだけで、映画作りがなかったら、僕はこの人、危ない人だと思っています(笑)。

コンプライアンスぎりぎりで「世間にいたずら」

——白石監督はいつも、コンプライアンスぎりぎりセーフのところでエンターテインメントとして皆が楽しめる作品を撮ってらっしゃる。あのバランス感が絶妙だと思っています。白石:いたずらしてるだけなんです。世間で思われているコンプライアンスの山の稜線を歩いてる感じですね。時々、一歩踏み外して「やっぱりダメだな」みたいなことをやって(笑)、世間にいたずらしてるというか・・・・・・。

——それはなぜですか?

白石:それが楽しいから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.