くらし情報『便秘対策で「してはいけないこと」…トイレ&習慣編【臨床内科専門医が教える】』

2019年11月6日 10:00

便秘対策で「してはいけないこと」…トイレ&習慣編【臨床内科専門医が教える】

目次

・毎日排便があっても残便感があれば便秘
・定期的にトイレに行く時間を決める
便秘対策で「してはいけないこと」…トイレ&習慣編【臨床内科専門医が教える】

慢性になりつつあるのではと悩む便秘、その改善のために多くの情報を目にしますが、編集部には「実際にどの方法を試せばいいのかよくわかりません」という声が複数届いています。そこで、臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に尋ねてみました。

毎日排便があっても残便感があれば便秘

まず、便秘とは医学的にどういう状態なのかについて、正木医師はこう説明します。

「便秘とは、出ないだけではなく、便をすっきりと快適に出し切れない状態を言います。日本内科学会では『3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態』と定義しています。

理想は、日ごろの排便リズムが整っていて、トイレに入ってからおよそ3分以内で排便した後に残便感がない状態でしょう」

定期的にトイレに行く時間を決める

その理想の排便状態に近づけたいものです。次に正木医師は、「患者さんにトイレにまつわる話しを聞きとると、逆効果になることをされている場合がかなりあります」と話し、便秘対策にとってNGなことと、適切なケアを挙げます。

(1)便が出るまでトイレに座っている
いきみ続けると、血液が肛門に集まってうっ血するため、痔の原因になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.