くらし情報『専用の薬剤で歯を白く…歯科医院で受けるホワイトニング法【歯科医が教える】』

2019年11月7日 21:45

専用の薬剤で歯を白く…歯科医院で受けるホワイトニング法【歯科医が教える】

白さの理想や歯の状態、生活環境、期間、予算などに合わせて選ばれています」

ではまず、「オフィスホワイトニング」について、具体的な施術法を教えてください。

「歯科医院では、過酸化水素という漂白作用がある薬剤を使い、歯の中の着色物質を分解して、おもに笑ったときに見える歯を白くします。また、薬剤の効果を高めるためにその歯に光を照射します。

過酸化水素は、3%程度のものはケガの部分に塗る消毒用のオキシドールに利用されています。ホワイトニング剤としては、歯科医によって異なりますが、35%程度の濃いものを用います。歯の汚れに作用するもので安全性は証明されていますが、この濃度では医師の取り扱いのもとでのみ使用が可能です。そのため、医師が不在のサロンなどでは使用できません。また、ホームホワイトニングでは別の薬剤である過酸化尿素を使います」

色見本から理想を選び、薬剤塗布と光照射

ここで、「オフィスホワイトニング」の手順について、江上医師に教えてもらいましょう。・カウンセリング。歯の悩み、白さの希望や理想を相談。

・歯科医による歯科検診。むし歯や歯周病があると施術ができない。先に治療が必要になる場合もある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.