くらし情報『専用の薬剤で歯を白く…歯科医院で受けるホワイトニング法【歯科医が教える】』

2019年11月7日 21:45

専用の薬剤で歯を白く…歯科医院で受けるホワイトニング法【歯科医が教える】

江上医師は「歯や口の中が健康でない場合は施術できないことがあります。事前のカウンセリングや診察で判断します」と、次のケースを挙げます。

□むし歯や歯周病がある
炎症がある部分にホワイトニング剤がしみると痛みを感じるため、施術はしないほうがいいでしょう。歯科を受診せずにむし歯に気づかないまま、サロンで施術を受けて、痛みで大変だったという例もあります。

□差し歯、かぶせ物の歯
施術は可能ですが、ホワイトニングの効果は期待できません。

□歯にヒビがある。エナメル質がはがれている
歯ぎしりやかみ合わせが原因と考えられますが、ホワイトニング剤や光の刺激で知覚過敏を起こす可能性が高いため、施術はできません。

□矯正をしている
矯正器具がある場合は施術ができません。歯の裏側だけに器具がある場合は前面の施術は可能です。

□妊娠中、授乳中の人
ホワイトニングによる刺激は避けたほうがよいので施術できません。

歯科医院でのオフィスホワイトニングの費用は

料金について江上医師は相場を伝え、その理由を次のように話します。

「オフィスホワイトニングは自由診療なので、費用は歯科医院によって異なりますが、一般歯科の場合は1回約10,000~30,000円でしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.